> ポリシー・座右の銘
TOPIC

ポリシー・座右の銘

池田公太

成功している方のポリシーや座右の銘は重みがあります。池田公太はどのような信念を持っているのでしょうか。彼に倣って成功したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

池田公太のポリシー

では、早速池田公太のポリシーをお伝えします。
それは、「クライアントも従業員も自らよりも優れているという前提を持ち働く」というものです。彼の独自のポリシーですが、深堀りしてみましょう。

「従業員が自らよりも優れている」と考えているという点ですが、経営者であれば従業員よりも優れていると考えるのが一般的ではないでしょうか。

池田公太は、現在実業家や経営者として活躍されています。
株式会社ワンストップソリューションズの代表取締役など役職で働いています。

この立場だけを聞いても、非常に優秀であることが伺えます。
それでも「従業員が自らより優れている」と考えるのは、自分の立場に驕ることなく、低姿勢でいるという彼の人間性が表されているように感じます。

人間は権力や財力を持つと、他を見下したり、自由気ままに振る舞ったりする方も多いと思います。
そんな中で、このポリシーを持って、真摯に従業員と向き合っていこうとする気持ちが成功の秘訣なのではないでしょうか。

さらに、「クライアントが自らよりも優れている」と考えているという点は、彼の事業が関係しているのかもしれません。
池田公太が代表取締役である株式会社ワンストップソリューションズは、クライアントのビジネスの問題解決のためのサポートを行う会社です。

ここで、「クライアントが自らよりも優れている」と考えるということは、「自分が問題解決をしてあげている」という威張った気持ちではなく、「大切なクライアントのために、お手伝いをしている」という気持ちにつながっているのではないでしょうか。

クライアントを大切にすることは、長きに渡ってお付き合いを続けていくことや新規顧客の獲得にもつながるため、ビジネスを成功させるための要となっていきます。

しっかりとしたポリシーを持って働くことで、ビジネスの成功につながっているのでしょう。

池田公太の座右の銘

池田公太の投資における座右の銘は「相場はいつも正しい」というものです。これには、一体どのような意味があるのでしょうか。

彼は投資家としての一面を持っています。
過去には、リーマンブラザーズ証券、JPモルガン証券、モルガンスタンレー証券といった名立たる大手外資証券会社で働いていました。

しかも、モルガンスタンレー証券では、マネージングディレクターという職制上最高位の役職も務めています。

この経験から培った知識により、生み出した座右の銘なのではないでしょうか。
これだけの経歴を持っている彼の座右の銘であれば、信用できます。実際に、この座右の銘のもとで投資を行い実績を重ねているようです。

心がけていること

池田公太は、コメンテーターとして、ワールドビジネスサテライトや報道ステーションなどの番組にコメンテーターとして出演された経歴もあります。

他にもメディア取材を受けており、あるインタビューでは、ビジネスで心がけていることについて聞かれていました。
そこで彼は、「自分で定めた目標に向かって努力すること」と述べています。

これは、非常に基本的なことですが、実際にしっかりと実践できている方は少ないのではないでしょうか。
このように、自分の成長のために、着実に努力を積み重ねていくことが、成功につながっていくということでしょう。