> ワンストップソリューションズの強みとは
COLUMN

ワンストップソリューションズの強みとは

ワンストップソリューションズ合同会社とは

不動産業界において、情報が一番必要なことです。これまで利用者は、情報は自力では手に入らないものでした。そのため、一部の情報を持っている会社に利益が集中していました。その会社が、利益を独り占めするだけでなく、不当に金額を設定したとしても誰にも分からない仕組みでした。

ところが、池田公太さんは、ワンストップソリューションズを立ち上げ、これまでベールに包まれていた業界の秘密を白日の下にさらけ出したのです。会社名にあるワンストップソリューションとは、IT用語のソリューション、すなわち解決、解答とワンストップ、ひとつのところを掛け合わせた言葉です。分散されていた役割を1つのところで解決できるという意味です。

その言葉通り、池田公太さんのワンストップソリューションズ合同会社は、テクノロジーを使い多くの情報を仕入れ、利用者の利となるサービス提供をする会社です。会社をこのような形態する発想は、池田公太さんが外資系の証券会社勤めで培った経験と発想力の結果です。

ワンストップソリューションズの多角的な取り組み

これまでの不動産業界における考え方として、不動産にITやアプリを使うことなど考えられないことでした。物件検索でインターネットを使うようになったのもインターネットが一般的に普及されるようになってからのことでした。というのは、不動産会社と地域は密接に結びついていて、情報を他会社と共有したがらなかったからです。それにより、利用者は不便を感じていました。欲しい情報が簡単に得ることができなかったからです。

そこに目をつけたのがワンストップソリューションズの池田公太さんをはじめとした、不動産業界にITやアプリを導入した新規参入会社です。この目論見は見事的中し、今や不動産業界とITは切っても切れない関係となりました。

池田公太さんは、さらにユーザーが利用しやすいシステムを作ることを心掛け、不動産AIアプリの開発を進めています。ワンストップソリューションズの強みは、ユーザーの立場に立って物事を進めることができる柔軟な発想力と、行動力と言えます。

時代の波に乗るワンストップソリューションズ

ここ数年AIの発達により従来のやり方では通用しなくなってきた産業が多々あります。不動産業界も例にもれず、AIビックデータを活用し、これまで不透明だった事柄を開示したり、専門家が必要であった分野もAIによる査定をしたりすることが可能になってきました。

ワンストップソリューションズでは、ITやAI技術を活用したアプリの開発に努めています。AIを使った不動産の検索や物件所有者並びにその物件に住む人へのフォローをアプリで行うことはもちろん、池田公太さんは、さらにAR技術を使用したサービスを提供しようと開発を進めています。AR技術をAIアプリで活用することにより、自宅に居ながら物件を内見することができます。日本国内はもちろん、海外の不動産売買、投資などにも活用できます。現代の顧客のニーズに合ったサービスであると言えます。そのような技術を開発することで、不動産業界における顧客の信頼作りとさらなる発展に努めています。

まとめ

ワンストップソリューションズでは、不動産業界における従来のやり方のうち、顧客にとって不都合な点や不便な点を改善し、現代人のニーズに適したサービスを提供するように心がけています。それは、池田公太さんが、自身の経験を活かし、従来の悪習慣を1つずつ排除してきた過去があるからです。今後もユーザーのニーズに合わせたサービスを開発、提供し続けてくれることでしょう。