> SEメインの人材紹介事業を開始するワンストップソリューションズ
COLUMN

SEメインの人材紹介事業を開始するワンストップソリューションズ

社会のAI・IOT化

現在、日本社会はAI・IOT化が進んでいます。AIは、蓄積された情報からパターンを学習し、未来を推測することができるものです。また、IOTは「モノのインターネット」を意味する英語の頭文字から取った言葉で、様々なモノがインターネットに接続されていること、またその端末のことです。モノがインターネットに接続されていることにより、様々な電気製品などをいつ誰がどう使用しているのか等の情報を集めることができます。

そうして、大量な情報を分析し、サービスに取り入れていくことによって、私たちはより簡単に、心地よく生活できるようになるのです。2020年から普及していく5Gによって、大量の情報がより高速に伝達できるようになります。この情報通信を活用し、さらに世界はAI・IOT化は進んでいくと考えられます。

SEの仕事内容

AI・IOT化に伴って、ニーズが高まっているのがSEです。現在SEとして仕事をされている方は今後さらに活躍の場が増えるでしょう。これからSEとして働こうと考えるのもよいのではないでしょうか。SEは、システム開発の現場においてプロジェクトやチームの管理、プログラムの仕様書、ソフトウェアの設計書を作成するのが仕事です。

簡単に言うと、顧客のニーズや要望に合ったシステムを作成し、社会をよりよくする役目を担っています。コンピュータやネットワークに関する知識が必要な専門の仕事ですが、実は未経験の文系の方で始めている方も多くいらっしゃいます。今後の社会のニーズを見据えて、新たに勉強を始めるというのもよいでしょう。

SEの現状、問題

社会的にもニーズが高まっているSEですが、そのニーズの割には待遇が高くはないという問題があります。なぜSEの待遇は高くないのでしょうか。SEは、専門職なのでフリーランスとして働いている方も多くいらっしゃいます。より多くの仕事を得るためには、派遣会社を通して案件をもらっているケースも多いです。その場合、派遣会社に仲介料としてマージンを搾取されてしまいます。案件によっては、就業している期間中は継続的にマージンを取られる場合もあり、その分SEが受け取れる報酬が少なくなってしまいます。

SEの待遇向上のために立ち上がったワンストップソリューションズ

こうしたSEの待遇を向上させるために、ワンストップソリューションズ合同会社が立ち上がりました。この会社は池田公太が代表を務める東京都渋谷区のITコンサルティング会社です。主に不動産、投資会社のためコンテンツ開発やコンプライアンスに即したマーケティングを行なっています。

そして、第二のコア事業として、SEを中心とした人材紹介事業を始めました。SEの人材紹介は、第二コアの事業なので、利益率は求めていません。その分、SEに支払われる報酬は他社よりも30%も高くなっています。報酬が30%もアップするなら、ぜひ利用したいと考えるSEも多いのではないでしょうか。SEの方々にしっかりと稼いでもらうことによって、不動産投資可能な属性を生み出しています。

SEが自分の仕事で稼ぎ、さらに投資家としても収入を得られるように提携先の優良不動産の紹介も行っています。
ワンストップソリューションズは、今後もSE向けのキャリアアップセミナーを開催していくということなので、報酬アップをしたい方、SEとしてのキャリアを見直したい方などは参加してみる価値がありそうです。