> ワンストップソリューションズが5G導入を想定しプロモーション事業を始める
COLUMN

ワンストップソリューションズが5G導入を想定しプロモーション事業を始める

5Gが導入されると?

いよいよ5Gのサービスが始まるということが世間で話題になっていますが、一体何が、どう変わるのでしょうか。モバイル通信は、これまで10年ごとに大きく変化を遂げてきて、1G、2G、3G、4Gと進化してきました。通信速度がだんだん速くなり、人と人とのコミュニケーション、様々なゲーム等のアプリケーションの利用、動画の視聴などを行なうのがスムーズにできるようになっています。さらに5Gはコミュニケーションや娯楽をより楽しみやすくしてくれるでしょう。

ビジネスの視点で考えても、大きく発展していくことは間違いありません。5Gの特徴は、「高速、大容量」「低遅延」「多数端末との接続」が上げられます。4K、8Kの高画質の映像、AR/VRを活用した臨場感あふれる映像を送受信すること、自動運転サポート、遠隔医療、農業のIT化、スマートシティ・スマートホームといった多方面での活用が期待されています。

5Gが活用された世界

5Gがどのように活用されるのか、具体的な例をいくつか見ていきましょう。まずは、「スポーツ観戦」です。会場内の多数のカメラで試合の様子を撮影します。そして、私たちはまるで会場内で観戦しているように、選手になったかのように、様々な視点での臨場感ある映像を楽しめます。

次に「自動運転」です。カメラ、ウェアラブル端末などを活用し、車載AIが運転手の眠気を察知したり、カメラやセンサー、スマートフォンなどから得たデータにより危険を回避して走行したりすることが可能になります。

これだけでなく、日常生活のあらゆるサポートに役立ちます。交通情報や気象情報といった日々必要な情報をちょうどよいタイミングで受け取れます。多言語での会話も可能になり、様々な国の方とのコミュニケーションが容易になります。

5Gを不動産会社のプロモーションに活用

様々な場面、分野での活用が期待される5G導入に向けて、不動産会社に対するプロモーション事業を始めたのがワンストップソリューションズ合同会社です。こちらは東京都渋谷区にある池田公太氏がCEOを務める会社です。

今回の取り組みはドローンの技術を活用し、物件の見学や現地調査などを現地に行かずともリアルタイムで行えるようになるというものです。従来は、お客さんが不動産会社に出向き、担当者に相談し、気になる物件があったら現地に出向くといった流れですが、その時間が大幅に短縮されます。そうなると、お客さんは短時間でより多くの物件を検討することができるようになります。不動産会社としても、より多くのお客さんに対応できるようになり効率が上がります。

また、このようなサービスを提供できる不動産会社は他社との差別化を図り、集客や売り上げアップを見込めるでしょう。非常に魅力的なサービスです。しかし、このドローン技術は5Gが導入されたからといって、どんな企業でも簡単に活用できるわけではありません。なぜなら、ドローンの飛行区域の規制、航空法など、ドローン撮影に関するルールは各自治体により異なり、情報が煩雑であるため、それらを把握し活用していくのは非常に骨の折れる作業だからです。

ワンストップソリューションズでは、ドローンのスペシャリストとアドバイザリー契約をしました。非常に心強いパートナーとともに、早速テスト的にサービスを開始するとのことです。実際にはどう活用できるのか楽しみです。そして、将来的には、このように不動産選びをするのが当たり前になっていくかもしれませんね。