> ワンストップソリューションズが帰国者に14日間宿泊プランを提供
COLUMN

ワンストップソリューションズが帰国者に14日間宿泊プランを提供

海外からの帰国者に対する施策

コロナウィルスへの危機感が日々高まりつつある昨今、感染拡大防止のために、日本が次々と新しい施策を打ち出しています。その中の一つが、海外帰国者からの流行を防ぐための水際対策です。海外在住の日本人の中には、日本よりもコロナウィルス感染の危険度が高い場所に住んでいて、より安全な日本への帰国をしようと考える方もいます。また、出張や旅行などで一時的に海外に渡航して戻ってこられる方もいます。

そんな帰国者が、日本でウィルスを広めないように、厚生労働省は以下のように定めています。
・健康状態が良好でも、入国してから14日間は自宅など検疫所長が指定した場所に待機する
・入国前に自分で14日間待機する場所と空港から移動する方法を確保しなければならない(電車やタクシーなど公共交通機関以外)」
このように帰国者は自分で色々手配しなくてはなりません。

行き場を失う帰国者

厚生労働省が定めた施策に困惑している方も多いでしょう。空港から公共交通機関が使えないとなると、家族や会社の方などに車で迎えに来てもらう必要があります。そのような方が確保できればよいですが、身内であっても海外からの帰国者と接するのは避けたいと考えるのはおかしくない状況です。健康であっても、無症状感染者で数日後に発症する可能性もあるからです。

また、レンタカーなどを借りて、自力で移動する方法もありますが、空港から遠くにお住まいの方は難しいでしょう。滞在先についても、日本に自分たちだけの家がある方ならよいですが、高齢の家族が同居している場合は万が一のことを考えると一緒に過ごすのをためらってしまうのではないでしょうか。それに、海外長期滞在者の場合は、日本に家がない方も少なくありません。

このように行き場がなく、どうすればよいのか考えるのは精神的にストレスがかかってしまいます。滞在先が見つかったとしても、費用面で負担がかさみ苦労される方も多いです。

ワンストップソリューションズの14日間宿泊プラン

このように行き場を失い、不安を抱えている帰国者のニーズに応えるために、ワンストップソリューションズは厚生労働省が定めた14日間待機の日数分の宿泊プランを提供することにしました。提携先の民泊運営会社と協力して14日間宿泊の割引プランを打ち出したのです。滞在する場所がない、費用がかかるのは困る、という方々に救いの手を差し伸べたプランです。

変わりゆく社会のニーズに迅速に対応していこうとする姿勢に注目が集まっています。直接メールでの問い合わせができるので、帰国日や人数構成、希望のエリアなどニーズに合わせて、ぴったりの滞在先を提供してくれそうです。

ワンストップソリューションズってどんな会社?

今回、初めてワンストップソリューションズという会社を知ったという方もいるでしょう。この会社は東京都渋谷区に本社を置く会社です。ITコンサルティング会社で、不動産、投資会社が使用するコンテンツの開発、コンプライアンスに即したマーケティングをしています。コンサルティング会社と言えば、社会の問題やニーズを踏まえて、課題解決を行っていくのが使命であり、ワンストップソリューションズもお客様のニーズに合わせて幅広いサービスを行っています。

さらに、不動産にも関係する業務を行っているということで、今回のような帰国者の14日間宿泊プランを打ち出すことができたのではないでしょうか。常に時代の先を読み、新たな事業に取り組んでいっているワンストップソリューションズの今後にも注目です。