池田公太のプロフィール(経歴・学歴)について

池田公太の学歴や経歴について
池田公太

実業家として独立開業し、今やビジネス界のカリスマとも言われている池田公太氏。池田公太氏の経歴や学歴について具体的に見ていきましょう。

池田公太氏の学歴

池田公太氏は1974年10月13日生まれの45歳です(2020年1月現在)。
駒場東邦高等学校を卒業後、慶應義塾大学商学部に入学しています。

大学卒業後、リーマンブラザーズ証券、JPモルガン証券、モルガンスタンレー証券など大手証券会社の要職を歴任し、独立後は実業家として飲食店やカフェバーを都内を中心に経営。
同時にカンボジアでの農業支援事業もスタートさせるなど、若手実業家として着実にキャリアを積み重ねます。

池田氏の実業家としての名声は早い段階から各方面に広まっており、2000年以降は報道番組などへの出演が増えるなど、本業以外での活動についても精力的に行っています。
特に近年では発展途上国に向けた技術的支援を積極的に行っており、カンボジア以外でも今後、さまざまな発展途上国を訪問し、農業や工業、教育分野での具体的な支援を継続する意向を公表しています。

池田公太氏の途上国支援の特徴は、単なる慈善事業で終わらせない、というところにあります。
慈善事業そのものにももちろん価値がありますが、ビジネスの一環として行う以上、継続的な利潤が期待できなければ短期間で終わってしまいます。

ここでいう利潤とは短期的な利益だけでなく、10年、20年という長期的なスパンで得られるリターンも含まれており、教育によって支援の土台を作る、ということも池田氏は実業家としてしっかりと見据えています。
池田氏は実業家として専門誌に寄稿したり、対談本を刊行していたりしますので、ぜひ一度チェックなさってください。

池田公太氏の学生時代

池田公太氏の輝かしい経歴の中でとりわけ特筆すべきなのが大学時代です。
池田氏は駒場東邦高等学校を卒業後、慶應義塾大学商学部に入学しています。
商学部、というところからも想像できるように、池田氏は大学時代から将来的な独立および開業を視野に入れており、大学在学中からこつこつと近い将来の独立開業に向けて知識とノウハウを蓄えていったと言われています。

しかし、池田氏は慎重さも一方で持ち合わせています。
池田氏は大学卒業後すぐに起業することなく、いわゆる外資系の大手証券会社に就職し、社会人としてゼロからキャリアを積み重ねる、という道を選びました。
このあたりの地道さと慎重さこそが、池田氏が現在もなお実業家として各方面から注目され、信頼を集めている理由と言えるのではないでしょうか。

今の時代、学生時代のうちから起業家、あるいは実業家を志すケースは決して珍しくありません。

しかしながら、学生時代の起業にはどうしても経験不足、というハンディキャップがつきまとい、社会人として必要な経験やノウハウが足りないがために早い段階で挫折してしまう、というパターンが多いのも現実です。
もちろん、若いうちの苦労や失敗は無駄にはならない、という考え方もありますが、反面、若い頃の挫折はトラウマになりやすく、必ずしもその後の人生の糧にはならない、との見方もあります。

池田公太氏は失敗のリスクを決して過小評価することなく、大学卒業から就職という道を選ぶことによって大学だけではフォローしきれない知識を幅広くカバーし、経験とキャリアを積むことによって実業家にとって必要不可欠な多面的視点を身につけることに成功しています。
その意味でも、池田氏は実業家としてきわめて慧眼であると言えるでしょう。

池田公太氏の実績

池田公太

慶應義塾大学から大手証券会社へと就職し、実業家として独立を成し遂げた池田公太氏はこれまでに、都内の飲食店や大手企業の顧問就任など、華々しい実績を残しています。

その中でも、池田公太氏の半生を語るうえではずすことができないのはやはり、慈善事業でしょう。
池田氏は実業家として独立した直後から海外での慈善事業に主眼を置いており、とりわけ、カンボジアでの農業支援サポートには資金力と人材、そして時間を惜しみなく投入しています。
農業支援サポートというと、社会的インフラがすでに整備された日本から見ると必要性の低いセクションに思われるかもしれません。

ただ、発展途上国では現在もなお食糧難が深刻化しており、また、地球規模で食糧不足が予測されていることから、食の基本となる農業支援をしっかりと行うことによって問題解決につなげる、という姿勢が求められています。

カンボジアでは未だに内紛が絶えず、社会的インフラも未成熟であることから農業システムを確立させることができず、毎年数多くの子どもたちが栄養不足のために命を落としてしまう、というケースも残念ながら増えています。
潤沢な財源がないカンボジアのような発展途上国の場合、先進国のように貿易によって食糧を調達するのではなく、まずは自分たちの食べるものを自分たちでしっかりと作れるようにする、という土台を築くことが緊急の課題となっています。

池田氏のプロジェクトではただ単に現地に人材と資金をばらまくのではなく、あくまでも主体は現地の農民たち、という観点のもと、プロジェクトが離れた後も長期的な農業が根づくよう後方支援に徹する、というスタンスが徹底されています。

プロジェクトにおいては現地の人々とのコミュニケーションが重視され、大人から子どもまで楽しみながら農業の基本を学び、能動的に実践できるような体制づくりが進められています。

もちろん、海外だけでなく国内の事業も順調で、都内の飲食店は最新のトレンドを取り入れたファッショナブルな雰囲気ということで女性たちにも受け入れられています。

池田公太氏に学ぶ経営哲学

池田公太

池田公太氏は若手実業家として確固たる経営哲学を持ち、揺るぎないポリシーに則って多面的な事業展開を続けています。
池田公太氏の経営哲学を一言で表すとするならば、人を大切にする経営、ということになるでしょうか。

池田公太氏は実業家として、クライアントや現場で働くスタッフひとりひとりに対してしっかりと敬意を払い、どんなに細かい要望や提案にも真摯に耳を傾ける、というスタンスを貫いています。
若いうちから財産を築いた実業家は得てして自信過剰で、ワンマン経営を続けるがゆえに孤立しがちですが、池田氏は違います。
多種多様な情報を吸収していなければ経営者として適切な判断を下すことができないということを知り抜いているからこそ、池田氏は実業家としてどこまでも謙虚でいられるのでしょう。

池田公太氏の実業家としてのスタイルは、武田信玄に近いのかもしれません。
武田信玄は言わずと知れた戦国の名将ですが、味方を徹底的に敬い、信じる武将としても知られていました。
人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方仇は敵なり。
時代は違いますが、武田信玄の卓越した人材活用術は池田氏の経営哲学にもしっかりと受け継がれているのかもしれません。

あるいは、経営のセンスとビジョンの確かさは豊臣秀吉に近いのではないでしょうか。
秀吉もまたあくなき好奇心と探求心を持ち、他の追随を許さない天才的なセンスによって、当時としては珍しい画期的な事業を次々と成し遂げました。

池田公太氏も実業家として類い稀なるセンスを発揮し、飲食店やダイニングバー、合同会社設立と、幅広い領域においてめざましい実績を残しています。

卓越したその経営センスは一朝一夕に培われたものではなく、大学時代からこつこつと知識やノウハウを積み重ねてきたからこそ、実業家として事業を進める上での基礎として働いているのです。